株式会社アメニティ 採用サイト

エントリー

社員を知ろう

パワフルな社風。

「ありがとう」が挑戦の原動力。

首都圏営業部 主任 2016年入社

河野 拓心

  • Takumi Kono

医療・介護の仕事を通じて、人間として大きく成長できる会社。

医療・介護の仕事を通じて、
人間として大きく成長できる会社。

私は高校時代からハンドボールに打ち込んできました。大学時代もハンドボール部に所属し、関東学生ハンドボール連盟2部リーグで4位まで勝ち上がったこともあります。私が当社に興味を持ったのは「ハンドボール部のOB数名が、アメニティという成長企業で活躍している」という話を聞いたことがきっかけです。同社のことを調べてみたところ、医療・介護サポートの分野で高い競争力を持つ「アメニティサポートシステム」を提供している成長企業であることが分かりました。

この会社なら、医療・介護という、人の役立つ仕事を通じて、社会人として、人間として、大きく成長できると確信しました。役員面接では、大学OBの方もいらしたのですが、同窓生に対する甘さは一切なく、私の意思や本気度について、時間をかけて精査されました。また、平均年齢が若く、パワフルで活気に満ちた社内の雰囲気も入社の決め手です。

アメニティでは、入社後、まず、請求書のデータ入力や営業事務など、「アメニティサポートシステム」の業務をひと通り体験し、システムの全体像をしっかり理解させる教育研修が行われます。また、営業に配属された社員は、上司・先輩に同行してお客様を訪問し、業務の流れやお客様とのやり取りを学ぶOJTが行われます。100床を超える大規模な病院では、日々納入される日用品の補充などを担う弊社の常駐スタッフがいます。その現場作業も研修期間中に体験しました。教育研修の根底に流れているのは“患者様・入居者様とご家族のため。医療・介護に従事する人々のため。”という当社の理念です。医療・介護の世界で、高い使命感を持って、人と社会を支える仕事に取り組むことができる、これがアメニティで働く、最大の魅力だといえるでしょう。

インタビュー風景

何でも話せる、相談できる、風通しの良い職場環境もアメニティの魅力。

何でも話せる、相談できる、
風通しの良い職場環境もアメニティの魅力。

最初に配属されたのは愛媛県の営業所(現在の高松営業所)でした。私は東京都出身なので愛媛県には土地勘がなく、配属当時は戸惑うこともありました。しかし、高いスキルと豊かな人間性のある上司・先輩の指導を受けながら、土地勘のない地域だからこそ、新鮮な気持ちで社会人生活をスタートさせることができました。

私は同県で約2年間、営業職のスキルを磨き、現在、首都圏営業部で、主に千葉県内の既存のお客様に向けたルート営業と新規顧客の開拓に取り組んでいます。営業担当者の基本的な業務は、お客様を定期的に訪問し、看護部や事務の方と入院セットのセット内容、金額、納品スケジュール、納品場所などの打ち合わせを行います。また、「アメニティサポートシステム」を新規導入されたお客様のサポートも重要な業務です。100床以下の病院や小規模な介護施設の場合、アメニティセットの受け入れ、提供、回収などは、主にお客様が行なうため、システムに慣れていただくまで、導入後、数か月間はお客様の施設を連日訪問して、オペレーションのフォローを行います。

さらに、新規顧客の開拓も重要なミッションです。「アメニティサポートシステム」を導入されていない病院・介護施設を調査し、看護部や事務の方とアポイントを取り、当社システムのプレゼンテーションを行います。ライバル企業との差別化を図り、「アメニティサポートシステム」を導入していただくためには、他社以上にスピーディーな対応力、きめ細かなサービス、品質・コスト面における優位性をしっかり伝えなければなりません。上司・先輩と一致協力しながらプレゼンテーションを行った結果、新規導入が決定したときの達成感は格別です。日々勉強の連続ですが、お客様から「河野さん、いつもありがとう」というお言葉を励みに仕事に取り組んでいます。

当社の仕事は、一人ひとりのお客様と信頼関係を結んでいく仕事であり、人間同士の絆が会社を成長させる原動力です。その絆は、上司・先輩・後輩、部署間を越えた社員の間にも結ばれています。誰とでも、何でも話せる、相談できる、そんな風通しの良い職場環境もアメニティの魅力といえます。私の目標は、より多くの新規導入を獲得しながら、お客様との信頼の絆を一段と強くしていくこと。アメニティは、一人ひとりの努力を公平かつ高く評価してくれる会社です。明るく元気な後輩の入社を楽しみにしています。

1日のスケジュール

その他のインタビューをみる

採用情報・エントリー

ENTRY